カミソリで剃る場合の上手なムダ毛処理の方法を紹介します。

1.刃を消毒液で殺菌しておく
2.肌を洗って綺麗な状態にしておく
3.刃の切れ味は常に確認しておく

刃は使い終わったら毎回洗うことがポイントです。
刃が汚れていると、剃った部分からばい菌などが入り込んで肌にブツブツができたりしますから。
肌が汚れている状態で髭剃りをしても、剃った部分に肌の汚れが沈着したりして黒ズミが目立つようになります。

刃の切れ味が悪いと、力を入れすぎて肌を傷つける恐れがあります。
刃の切れ味を常に意識しながら剃ることが大切です。

次に、肌に優しいカミソリの使い方を紹介します。

1.蒸しタオルで剃る部分の肌を温めておく(温めることで毛がふやかされ、剃りやすくなります)
2.シェービングクリームを剃る部分につける(カミソリが滑りやすくなり、剃りやすくなります)
肌へ刃が直接触れなくなり、比較的肌へのダメージを軽減してくれます。
3.順剃り(毛の流れに沿って剃る:ムダ毛が生えている方向に剃る)で大まかな部分を剃ります(力を入れすぎず斜めの角度から剃ることがポイント)
何度も同じ箇所をせずに、クリームがなくなったらクリームを付け足して剃るようにする。
4.仕上げはクリームを塗って逆剃りをする(仕上げだけ逆剃りで、剃り残しをなくしましょう)
5.剃り終わった後は、冷タオルで肌を冷やしてください(毛穴を引き締めてくれます)
6.化粧水やジェルなどで保湿をして、乳液でふたをします(5を省いて収れん化粧水を使用して乳液でもOKです)

カミソリはボディ用など部位に応じたものを使用することが大切です。